「鯉のぼり」流水を模した油彩と、日本の伝統文様「青海波」に合わせて。

この時期の風物詩といえば、やはり鯉のぼり。 僕が小学生の頃は、それは立派なこいのぼりを毎朝おじいちゃんが上げてくれました。   鯉が立身出世の象徴であるゆえんは、中国の歴史書である「後漢書」によるとされます。 […]

もっと読む

僕はフィギュアスケートを、スポーツではなく《芸術》として鑑賞したい。

先日引退を表明した浅田選手ののびやかなスケートがとても好きだった。 とくに、ソチオリンピックのときの浅田選手のフリースケーティングは歴史的な演技・芸術作品だったと思う。 フィギュアスケートを鑑賞していて、いつもある違和感 […]

もっと読む

季節の言葉、二十四節気のひとつ「穀雨」。

二十四節気の一つに「穀雨」があります。 少しタイミングが遅れてしまいましたが、今年2017年の穀雨は日付としては4月19日でした。 二十四節気には「その日」という意味のほかに次の節気までの「期間」の意味もあるので、立夏( […]

もっと読む

3度目の正直。パリ管弦楽団の渾身の演奏会にめぐりあった話。

パリに来て6週間。 幸せなことにパリ管弦楽団の演奏会は昨夜で3回目だ。 パリ管弦楽団、演奏技術は見事というほかないのだけど、面白いことに3回の演奏会がまるで違うオーケストラが演奏しているんじゃないかというくらいに「違い」 […]

もっと読む

書道は腕よりも先に目が肥える。

ここ1か月ほど、藤原行成の「白氏詩巻」を臨書している。 平安時代に藤原行成が白居易の詩をしたためた、それはもうため息が出るほど見事な作品で、日本の書(和様の書)の代表作だ。国宝にも指定されている。この「白氏詩巻」との1か […]

もっと読む

芸術家が「想い」だけで勝負してはいけない理由。

  僕は何かにつけて、「上手い字」よりも「良い字」を書きたいと申し上げてきた。しかしそれは、「自分が下手でもいいと思っている」ということとは違う。 例えばイベントに参加してくださった方が「書道を楽しむ」という姿 […]

もっと読む

なぜ僕は書家になろうと思ったか。

僕は6歳のときに祖母に教えられて書道を始めた。 書道の練習が大好きだった。 でもそのころは、プロとしてやっていこうなどということは全く考えていなかった。歳をとっても、趣味として続けられたらいいなと思っていた。大学3年の、 […]

もっと読む

「草書や行書が楷書よりも上手い」という誤解について。

草書や行書の書を観たときに、 「うわ~上手いですね~」という感想をよく耳にする。 もう少し詳しく状況を説明する。 書道経験がそれほど多くない人が草書や行書の書を観たときに、 作品の良しあしに関わらずほぼ瞬発的に「上手いで […]

もっと読む

求めているのは正解ではなくて「風穴」なんだと思う。

多くの人が求めているのは「風穴」ではないかと思う。 様々なニュースや、誰かの活動への人々の反応を見ていて特に目立つのは、批判的な意見だ。ニュースそれ自体が批判的な内容であることも多い。だが、問題点や課題を好きなだけ並べて […]

もっと読む

「挑戦するとはどういうことか」を教えてくれた中村さんに贈った一文字。

活躍している人を目の前にして、やる気をもらうことがある。 中村洋太さんは、僕にとってまさにそのお一人だ。彼は現在カリフォルニアに留学し英語を学んでいる。 しかし単なる語学留学とは違う。 多くのスポンサーを受けているのだ。 […]

もっと読む

この街の美しさの根底にあるものは、厳しさだと思う。

一昨日の夜、シャンゼリゼ通りで警察官が銃撃され死傷する事件があった。亡くなった警察官のご冥福をお祈りします。 週末の大統領選挙を控え、街のいたるところで演説が行われ、また警備も一層厳しくなっている時期だったこともあり、そ […]

もっと読む

芸術を自給に換算できない理由。

時給、という考え方がある。 とくに時間単位で働くアルバイトなどではその金額が大きな検討材料になる。 いろいろな場面でこれと同じような考え方をする人は結構たくさんいる。企業に勤めている人も、働いている時間を年収で割って「時 […]

もっと読む

その行為が価値あるものだと証明する最も大切な方法。

三日坊主という言葉がある。ご存知の通り、何かを始めても3日目には飽きてしまうというような例えで、非常に飽きっぽく長続きしないという意味だ。僕もなかなかに、この三日坊主というタチである。 毎日日記をつけようとか、 毎日寝る […]

もっと読む

京都の友人が紡いでくれた「半紙の糸」が考えさせてくれたこと。

京都で織物の勉強をしている友人が、糸を紡いでくれた。 実は昨年の夏のこと、 友人から「和紙で糸を紡いでみたいと思っていて、書き損じの半紙などでよいので良さそうなものがあったらいただけないか」と相談をもらった。練習済みの半 […]

もっと読む

「~になりたい」というイメージがはっきりしない中で見つけた一つの答え。

「~になりたい」よりも「~でありたい」と思うことを大事にしている。 もちろん資格や試験によって「~になる」というものもちゃんとある。司法試験や医師試験などの国家資格や、剣道・柔道、将棋や囲碁の昇段試験など。それを目標にす […]

もっと読む

餅は餅屋というけれど、パティシエが作る餅もおいしいかもしれない。

日曜日はイースター(復活祭)だった。 はじめて「イースター」という言葉に触れたのは確か、ハリーポッターの本を読んだときだったと記憶している。漠然と、キリストの復活を記念したキリスト教徒のお祭りなんだなとは思っていたけれど […]

もっと読む

イチロー選手は自分が天才であることを否定した。そこに「上手さ」の理由をみた。

  本当の天才というのがこの世にはいる。 ちょっと極端な言い方だが、何も考えなくても素晴らしい作品を作り出せてしまう人が、いる。音楽の歴史を顧みれば、モーツァルトはその天才の一人だと思う。天才のその圧倒的な才能 […]

もっと読む

恋人の言葉を信じられずにつらい恋心。それ故に「本当の言葉」は嬉しいものです。

フランスには和紙というものがない。 和紙を取り扱っているお店はパリじゅう探せば僅かにあるけれどびっくりするような値段。。。 こちらの素材に取り組むよい機会だとは思っているけれど、やはり日本の和紙が恋しくなる。 &nbsp […]

もっと読む

「行き方」を調べる「旅」では、人はどこにも行き着けない。

「行き方」を調べる「旅」では、人はどこにも行き着けない いまカンカルという街にいる。 イギリス海峡に面した港で、パリからバスを乗り継いで7時間ほど。牡蠣の養殖が有名な港町だ。かの有名なナポレオンもカンカルの牡蠣を取り寄せ […]

もっと読む

「強さ」と「弱さ」は何で決まるか。何が勝負を決するか。

音楽記号にf(フォルテ)、p(ピアノ)というのがある。 それぞれの意味は、 f=強く p=弱く 小学校の音楽のテストで、これを「大きく/小さく」と書いて間違えた覚えがある。音楽において音を大きく/小さく演奏することと、強 […]

もっと読む

「音楽で人を殺せるか」という問い。

3月の卒業からこの4月の入学シーズンにかけて、うれしいと思っているのはいろいろな学校の先生の話をWebで見られることだ。心にズシンとくるスピーチというのは、学校を卒業した今になって聞いても、学ぶものは多い。 中でも記憶に […]

もっと読む

3年間で、それはもう圧倒的に敵わなくなっていたという話。

僕はアマチュアオーケストラでオーボエを吹いています。所属しているオーケストラは、気さくな雰囲気で本当に素敵なオーケストラです。昨年公開された映画「オケ老人!」の音楽を担当していたりもするちょっとスゴいオケなんです。東京に […]

もっと読む

ムッシュー、その工事現場に何を見ているのですか。

自分の街がつくられていることに興味がありますか? 僕としては結構興味があるし、むしろ興味が全くないという人はいないですよね。自分が住んでいる「街」、いろいろな意味がある。建物、公園、コミュニティ、インフラ。僕の知り合いに […]

もっと読む

「うちの会社においで」とは言ってもらえなかった。でも、もっと嬉しいことを言ってくれた。

会社に入って2年目のころ、転職を考えたことがあった。 2年目という時期は会社員のキャリアとしては多くの場合において、決して高く評価されるものではないということは重々承知していたし、正直なところ、「これをやりきった」とか「 […]

もっと読む

「いつもの調子」を作るために、Aの音を確認する。

音楽でいうチューニングは、楽器の音の高さを合わせることです。調弦、調律と同義ですね。オーケストラではオーボエが吹くA(ラの音)を基準にして弦楽器・管楽器すべての音程を合わせます。演奏を始めるにあたって、ひとつの基準に音程 […]

もっと読む

「その人との結婚を決めた瞬間は?」という質問への答えがとても印象的だった。

あまり雑誌を読む人間ではないけれど、「Pen」はときどき読んでいる。紹介されている文房具やファッションが素敵だと思うし、自分の書の表現もこういうセンスのもとに作っていきたいと思っている。 そんなPenの最新号がこちら。 […]

もっと読む

「書く」ことが好きな理由は、考えがカタチになっていくそのスピード感。

村上春樹さんのエッセイ集「やがて哀しき外国語」にこんな一節があります。 「情報が咀嚼に先行し、感覚が認識に先行し、批評が創造に先行している。それが悪いとは言わないけれど、正直言って疲れる。」 こんな窮屈さを感じている方は […]

もっと読む

ツンとつつくと何かが溢れるような桜のあやうさを、綺麗だと思う。

さくらのはなし。 僕にとって桜には2つのイメージがある。 ひとつは花、ひらひら。 春の空気に漂う桜花の美しさは言わずもがな。 もう一つは冬の桜木。 この桜の季節になると毎年話しているけれど、志村ふくみさん(染色家)と大岡 […]

もっと読む

書道部の先輩が「できません」と答えたときに、先生が静かに言ったこと。

高校時代の書道部での話。 高校2年の夏休みだった。 書道部の部展は毎年お盆の時期に開催されていて、そのときは展示作品の制作・裏打ち・表具作業で毎日書道教室にいた。クーラーがなくて、窓を全開にしても涼しくなる気配はまったく […]

もっと読む

音楽は、音が消えると同時になくなってしまうものなのか。

僕は趣味でオーケストラ活動をしている。音楽をしていると「音楽は瞬間の芸術だ」とか「二度と同じ音楽は聴けない」とか、音楽という芸術が「音が消えると同時になくなってしまうもの」といった話を時々聞く。たしかに物理的にはそういっ […]

もっと読む