PROFILE

書家 / 小 杉 卓

1990年生まれ。栃木県出身。国際基督教大学(ICU)卒業

6歳より祖母の書道教室で書道を始める
中学から高校にかけて茅島貫堂氏、鶴見和夫氏に師事
大学卒業後、日本マイクロソフト株式会社を経て書家として独立
2017年よりフランス・パリを拠点に制作活動を続ける

=展示活動=
2011年    東日本大震災の被災地、東北での多くの人との出会いから書家を志す
2011年   フランス(パリ)、オーストリア(ウィーン)の大学等で書道を披露
2014年 「文字の舞、言葉の奏。」 (銀座, ART FOR THOUGHT)
2014年 「三代展」 (栃木県鹿沼市, 文化活動交流館)
2015年 「CALLIGALERI PREMIERE EXPOSITION」 (高円寺)
2015年 「書く描く然々」(銀座, ART FOR THOUGHT)
2016年 「あわせたい歌がある」(渋谷, Umebachee)
2016年 ムジカプロムナード13回演奏会にてオーケストラと協奏(宮路楽器ホール)
2017年 「移ろいの中で」 (銀座, ART FOR THOUGHT)
2017年 「Calligraphe JAPONAIS」(パリ, KISHIUME)

書の可能性を追究すること、 「思い」と「文化」の表現者であること、
そして パリコレへのデザイナーとしての出品を目指す。

 

なぜ僕は書家になろうと思ったか。

 

昨今、 人々の生活のハード化(デジタル化)はとどまるところを知りません。 そのような時代において、2011年の東日本大震災は、 物質的には豊かな生活を送ることが可能になってきた私たち日本人への、 生きていく上での本質的な豊かさとは何なのかということの問いかけかもしれません。

「人と人との心のつながり」。 これは、私が震災ボランティアとして被災地の方々との交流の中から、 現代の日本における生活の最も重要な要素の一つとなるべきものではないかと感じたことです。

今後、生活におけるソフト(アナログ)な事柄への関心は確実に高まるのではないでしょうか。 そこに存在する言葉の宇宙に、 人々の心の安らぎの源泉とも言えるような可能性を感じずにはいられません。 日常の様々な場面で私たちの心を揺さぶる「言葉」を 生活に限りなく近いところで発信できる書道。 その可能性は、ともすれば人々の心に大きな変化を与えられるのではないか、そう思うのです。

 

 

 

Japanese Calligrapher / Taku Kosugi

Born in 1990, Tochigi Prefecture, Japan.
Started attending his grandmother’s Japanese calligraphy school as soon as he entered elementary school.
Studied under Kando Kayashima and Kazuo Tsurumi while in middle school and high school.
Work at Microsoft Japan Corporation from 2013, then became independent as a calligrapher.

2011- While volunteering in the affected areas of the Great East Japan Earthquake and
encountering many people in the Tohoku region, decided to become a calligrapher.
2011- Performance at Sorbonne University in Paris and the University of Vienna.
2014- Exhibition “Dance of Writing, Music of Words”  (Ginza, Tokyo)
2014- Exhibition “Exhibition by Three Generations” (Kanuma, Tochigi)
2015- Exhibition “CALLIGALERI PREMIRE EXPOSITION” (Koenji, Tokyo)
2015- Exhibition “Writing and Thought” (Ginza, Tokyo)
2016- Exhibition “Waka poem and Japanese Sake” (Shibuya, Tokyo)
2016- Performance with classic musical orchestra(Musica Promenade) (Koganei, Tokyo)
2017- Exhibition “In Seasons”  (Ginza, Tokyo)
2017- Exhibition “Calligraphe JAPONAIS” (Paris, KISHIUME)

To become an artist who expresses “thought” and “culture,”

Kosugi seeks for the possibilities of sho (calligraphy) and aspires to exhibit his works at the Paris Collection as a designer.

Japanese Calligraphy can convey the “words” that move people’s hearts in various everyday occasions, at the closest places of daily life. Thus, he thinks that the possibilities of Japanese Calligraphy may make a great change in people’s hearts.