世の中にたえて桜のなかりせば

「桜」   桜さき、春爛漫の今日この頃。   世の中にたえて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし 大変有名な和歌です。 直訳すれば、「この世にもし桜がなかったら、春をのどかに過ごせるだろうに」となり […]

もっと読む

【個展のお知らせ】4/5-13, ART FOR THOUGHT(銀座)

【個展「黒と言葉」】ART FOR THOUGHT(銀座)   書展「黒と言葉」 書家/小杉卓 2018年4月5日(木)~4月13日(金)まで、銀座ART FOR THOUGHTにて個展「黒と言葉」を開催いたし […]

もっと読む

藤原佐理/詩懐紙の臨書(原文・意訳あり)

詩懐紙(藤原佐理)   「三蹟」と称えられる平安時代の書の名人のひとり、藤原佐理、26歳の書。 その流動する筆線は、同じく三蹟に数えられる小野道風の書よりも変化に富み、藤原行成の書より闊達に筆が動いている。流麗 […]

もっと読む

使う力と気持ちがないだけ。

使う力と気持ちがないだけ 「時間がない」というのは、たいていの場合は能力と意志の問題ではないかと思っています。 たとえば、「本を読む時間がない」というのは、時間調整ができていないか、そこまでして本を読む気がないかのどちら […]

もっと読む