耳を塞いでも鳴り響くような、そんな音楽があると思います。

「耳を塞いでも鳴り響いてる」(2013年11月28日) Mr.Children「365日」より   寒い夜ですね。 寒い空気に触れた瞬間の 「キリッ」という感覚が好き。   寒いときに辺りの静寂にはっとするのは、 その「 […]

もっと読む

「まる」をあたかも「さんかく」であるかのように見せられてはいないか。

「まるさんかくしかく」(2013年11月27日)   言葉の持つ意味と そのかたちには大切なつながりがあるし、 無意識のうちに僕たちはそれを連結させているはず。   これを書いていて、 とてつもなく違 […]

もっと読む

僕らの音楽を奏でよう。

「僕らの音楽」(2013年11月23日) 僕らの音楽を奏でよう。  

もっと読む

自分の「基準」を持つためにも。

「小さな生き物」(2013年11月20日)  負けないよ 僕は生き物で 守りたい生き物を 抱きしめて ぬくもりを分けた 小さな星のすみ スピッツ「小さな生き物」より 22歳そこそこの自分、 西暦2013年のうちのおよそ1 […]

もっと読む

穴が空いていてもいいから、美しく、大きな器をつくること。

「穴が空いていてもいいから、美しく、大きな器をつくること」(2013年11月18日)   先日、先生からこんな言葉を伺いました。 穴が空いていたっていいから、 今はとにかく、大きな「器」をつくるんだよ。   頑丈で、 見 […]

もっと読む

宝来館(釜石)での書道パフォーマンス。

釜石の宿、宝来館でのアンサンブル、 そしてチェロのソロ演奏と書道との共演。 女将さんの大切にしている言葉「生」。 震災体験を伺ったことで、 その言葉の意味を改めて考えさせられました。 「生き残った」という感覚、 まだまだ […]

もっと読む

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」。

「風林火山」(2013年11月12日) 湧き上がるような、風。 密かに動き出すかのような、林。 飛び散るように燃え盛る、火。… 轟が聴こえてきそうな、山。 そんな躍動感、思いをぶつけました。 「疾如風、徐如林 […]

もっと読む

演奏会in釜石、オーボエで演奏に参加するとともに看板を書かせて頂きました。

岩手県釜石でのMusica Promenade第10回演奏会に参加しました。 オーボエで演奏に参加するとともに、 看板も書かせて頂きました。 双葉小学校体育館での演奏、 ピアニスト高橋碧伊さんの協奏曲(リスト)・アンコー […]

もっと読む