言葉は時間と空間をつくる。

書、言葉がつくる「余白」     書道のインテリアとしての価値は、その空間に『余白』を作れることだと思います。   「作品自体の余白」と「言葉の余白」によって、空間に緩急と濃淡が生まれます。 […]

もっと読む