書道における「自分の表現」なんて、わずか1%くらいのものだ。

古典が証明してくれた大義にしがみついていたいという後ろめたさがある。 一方で、古典というその古臭さから脱したいという渇望がある。 その間の本当にギリギリのところに、作品が生まれるべきすごく深い土壌があると思っている。書道 […]

もっと読む