『答えはない。でも、結果は出る』

僕らは「答えのない問い」に、何回くらい向き合ったことがあるだろうか。

 

学校生活の中ではほとんどで会うことはなかった。テストの問題にはすべて答えがあり、卒業後の進路相談にも答え(だと思っていた進学先・就職先)があった。そうだとすると、答えのない問いなるものに出会うにはきっと教育現場以外の場所での経験が不可欠だ。

 

本を読めば、主人公の行動が正しかったのかどうか。

音楽を聴けば、その演奏は正しかったのかどうか。

山に登れば、なぜ山になんて登るのか。

 

その答えを自分で考えるより仕方がないし、しかしいくら考えたところでその「答え」が正解なのかどうかを確認する術はない。

きっとみんな感じているんじゃないだろうか。

何のために勉強しているんだろう。この仕事をしていて意味はあるんだろうか。いくら考えたところでその答えが見つからない、あるいは見出した答えが正解なのかどうかわからないという「問い」は、いつでも、いくつでも自分について回っている。少なくとも、それなりに悩んだり、考えたりしながら生きていれば。

 

 

イングランドプレミアリーグ・レスターに所属する岡崎慎司選手のブログに印象的な言葉があった。

 

実は「自分が何のために今サッカーをやってるのか」と自問し続けた。自分がやってきたものが何か、信じて来たものが何か、と、あらゆる場面で自問し続けた。

答えはない。でも、結果は出る

designstories「プロフェッショナルとは」より


写真
:http://shinjiokazaki.com/photos/

 

『答えはない。でも、結果は出る』

 

全くその通りだと思った。

どんな悩みであれ、選択であれ、ほとんどのことはそれが正しいかどうかわからない。分かりようがない。誰かが答えを教えてくれたところで、「本当にそれでいいのか」と考え始めればきりがないのだ。

でも、

どんな状況であっても、結果は常に発生しているのだ。どんなに自信のない回答にも、返事はある。想像以上の結果を生むこともあるだろう。自信満々の選択も、ちょっとしたことで大失敗に終わることもあるだろう。

何が正解かなんて、その答えはいくらでも変わる可能性がある。でも、結果というのは変わることのない事実だ。そのときに自分が出せる結果に責任を持つこと、そしてそれを答えに変えていくことが「答えの出し方」なのかもしれない。

サッカー選手として常に結果を出し続ける岡崎選手の言葉に、ひとつの答えを見つけた気がする。