「~になりたい」というイメージがはっきりしない中で見つけた一つの答え。

「~になりたい」よりも「~でありたい」と思うことを大事にしている。

もちろん資格や試験によって「~になる」というものもちゃんとある。司法試験や医師試験などの国家資格や、剣道・柔道、将棋や囲碁の昇段試験など。それを目標にするのはいいことだと思うし、そもそもそれらは有資格者になって初めてその肩書を手に入れられるものだ。

大学生のころ書道に取り組む姿勢が大きく変わって、それと同時に「書家になろう」とも思った。

そこで、はて書家とは何かと考えた。

書道がうまいひとか。
書道を教えているひとか。
書道で展覧会に入賞したひとか。
書道の作品が売れるひとか。
書道の資格を持っているひとか。

いろいろ考えたけれども、これといった定義は見つからなかった。「書家です」と名乗ればいつでもどこでも書家になれるともいえるし、メディアで見かける「書家」のなかには僕が考える書家像とはずいぶん離れた活動をしている人もいる。

 

こういう書家になりたいというイメージが明確にならない中で少しずつはっきりしてきたのは、「ちゃんとした書家だったら普通こうしているだろう」という、しごく具体的な行動イメージだった。

しっかり墨をする。素材・道具をしっかり見極める。辞書を引く。など、本当に基本的な所作をきちんとこなすこと。しっかり臨書をして学び、美しく新しい作品を作り続けること。

僕が考える書家に、特別な資格は必要ないということがはっきりした。だから、定義がはっきりしない「書家」になることを目指すよりも、自分が考える書家であろうと思った。

資格がその身分を保証することは確かにあるし、受賞歴や経歴がその作品を評価する大きな参考にもなるだろう。理想論かもしれないがしかし、作品はその美しさに本質があるはずだし、同時に大切なのは作者が表現者として「どうあるか」という姿勢なのだと思う。

「~になりたい」と思っているうちは、そこに行きついていない自分への諦めとか甘えがどこかにある。「~である」ためには今自分は何をしていなければいけないのかという緊張感と姿勢が、結果としてビジョンをカタチにする。そう思っている。